スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラビ通常!

ラビ通常ダンジョン…
キア通常をクリアできれば
それまでの知識でジューブンクリア可能だと思います
キア通常ダンジョンが難しいと感じたら
こっちで練習するのもありかと!
なので、今回はウィンドミルのトレーニングを意識した攻略にしたいと思います!

複数巻き込んだときにターゲットされる敵が変わったり
1対1属性の敵にミルでフィニッシュすると
巻き込んだ敵にターゲットがうつったり等しないかぎり
敵が!!の状態で倒れて
その敵が消えない間はどう種族の1対1属性の敵は
こちらから攻撃しない限りおそってこなくなったりもします(ウィンドミル凍結)

ウィンドミルのところでも書いたとおり
ラビのスケルトンにはウィンドミル凍結ができます
どういう風になるのかよくわからない人もいると思うので
参考にこちらをどうぞ!
[高画質で再生]

ウィンドミル凍結

[広告] VPS
動画でいうと
最初に!!だしたスケルトンをミルで倒すことによって
そのスケルトンが消えるまではほかのスケルトンに自発的に襲われません
このときに、ウィンドミルのような1体までしかタゲを貰わない攻撃はやりたい放題になります
ちょーしにのってやってると、凍結したスケルトンが消えて襲われるので注意w
ラビ通常のスケルトンの場合
最初にすこし様子見をするので
!!を出されてからでも落ち着いて対処しましょう
!!だしてすぐアタックしてくるような敵には余裕をもって攻撃するとよいです

骸骨オオカミも1対1属性なのでウィンドミル凍結は可能ですが
!の状態でディフェンスを使ってくることがあり
ディフェンスにウィンドミルをあててしまうと!!を出されてしまう上
足も速いので危険も多いです
!!だしたあとなのに!の状態に戻ったりもするので
なれないうちは1体ずつ対処していきましょう

ボスのサキュバスには
FBIBカウンターをすれば大丈夫です
人間の足と同じ速さなので
FBのあと少しちかづかれてしまったら
にげましょう!
しばらくすると別の行動に移るので
ある程度距離をとってIBをあてていけば大丈夫です
こっちも動画あるので参考にしてください
[高画質で再生]

サキュバスとにゃんにゃん

[広告] VPS
スポンサーサイト

キア通常ダンジョン

アルビの次はキアかな!とキアを書いてみることにしました
しかし、キア通常ダンジョンは
アルビ通常に比べると格段にむずかしくなっています
その主な原因は、多タゲの敵の存在とボスのゴーレムにあります
今回はそのあたりを重点的に書いていきたいと思います

キア通常で出てくる敵は
・コウモリ
・灰色ネズミ
・黒くも
・赤くも
・ミミック
・ゴブリン
・ゴブリンアーチャー
・ポイズンゴブリン
そしてボスに
・ゴーレム
・メタルスケルトン
以上の敵がでてきます

上の5匹に関しては特に注意することもないでしょう
クモさんだけは!状態で警戒していると
今戦ってる相手を倒したときすぐ襲いかかってくることがあるので
倒したらすぐディフェンスかカウンターをするといいかもしれません

キア通常で警戒するべき相手
それはゴブリン系です
ゴブリンはHPはそれほど高くはありませんが
攻撃力はとてもつよく
アーチャーと混合で出てくる時も多く
ポイズンゴブリンにいたっては
索敵範囲にいる敵が全部襲いかかってきます

ゴブリンだけでてきたときは
1体ずつアタックでたおしていっても
!!をだしたあとふらふらする習性があるため楽に倒すことができます
しかし、アーチャーとの混合やポイズンゴブリン相手にはそうはいきません
2対1以上になってしまうととても厳しいです
そこで重要となるのが位置取り!
敵には索敵範囲というものがあり
その範囲に入らなければおそってくることはありません
基本的に4隅の敵のいないところが安全なことが多いです
箱を開けて敵が出たら
まず敵に気づかれない位置を探して移動する癖をつけるといいでしょう
位置取り
こんな感じで場所をとれれば
あとは1体ずつIBカウンターでたおしていきましょう!
ポイズンゴブリンがでてきても一緒の方法で大丈夫です!
位置取りはほかのダンジョンでも大事になることも多いので
最初はむずかしいかもしれんませんがしっかり覚えましょう

そしてキア通常のボス
最後の難関ゴーレム…!
なれないうちは何度も死ぬかもしれません
だけどみんな何度もしんでうまくなってきたのです・・・!
いざ!ゴーレム!
以下折りたたみ

続きを読む »

アルビ通常ダンジョン

アルビ通常ダンジョン
一般的に操作になれるためのダンジョンといえるのでしょう
ここで操作になれ、もっと強い敵と戦うときに落ち着いて行動できるようになりましょう!

以下、wikiより

アルビダンジョンは、戦闘の基本を練習するのに適したダンジョンです。
戦闘に慣れていない人は以下の項目を意識すると良いでしょう。

アタック後のディフェンスを成功させる
戦闘中にポーションを使用する
一度に多数の敵を相手にしないよう、立ち回りを考える(特にボス部屋)
死なずにクリアする
ディフェンスの相手にスマッシュを成功させる
武器に表記されている打数よりアタックを一発多く撃ち込む(+1打)
エレメンタル魔法を戦闘に組み込んでみる(取得者のみ)
巨大クモや取り巻きの赤クモを遠距離攻撃で1匹ずつ引きつけてみる(取得者のみ)

と、とくに何も言うことがない(´・ω・`)
補足するなら、エレメンタル魔法とはアイス、ファイア、ライトニングなどのボルト魔法のこと
1匹づつひきつけてみるとはこの魔法を使ってうまく釣って安全な場所で1対1を作りだすことです
やり方としては、おもにIBを2回チャージして
届くところまで行って2回当てるだけ!
余裕があればさらに下がって戦えるようにもしておきましょう~

いくつかの基本的な戦いかた 2

前の記事でIBカウンターなるものを紹介しましたが
IBだとマナリフレクター2以上のてき(MR2,3)の敵にはじかれてしまいます
カウンターで飛ばした距離ではじかれてしまうと
IBのあとカウンターが間に合わない可能性のほうが高いです
そんな敵と安定して戦うのにはどうすればいいか!

そんなときには代わりにFBをつかいましょう
FBはダウン攻撃なのでMRではじかれても相手はダウンします
その間にカウンターの準備が完了するわけです!
FBにするけってんとしては
相手がダウンしてしまうので
その後の行動をアタックに限定できないところにあります
敵によっては魔法をつかってくることもありますので…
少し危険な状態ですね!
でも基本的には魔法を打たれても硬直中にカウンターを準備しなおすことで
大抵カウンターは間に合うので
FBを準備して打つまでの間にポーションで回復すればそうそう倒されることもないでしょう

相手によってはこの欠点は克服できたりします
それは人間と同じくらいの速さの敵です
例であげるならサキュバス
さすがにカウンターでとばしたところからIBはじかれたら間に合わないことが多いですが
カウンター→FBのあとの距離なら
IBをはじかれてもカウンターが間に合います!
カウンター→FB→IB→カウンターなながれなわけです
使える相手はあまり多くはないですが
知っておくと便利ですよ!

いくつかの基本的な戦い方

今回はいくつか基本的な戦い方を紹介したいと思います!
もちろん敵によってはそれだけやってもうまく戦えない場合もあるので
敵の行動にあわせて若干変えたりとかしなければいけないときもあります

戦い方なんて人それぞれ
自分の戦い方さぐる参考くらいにしてね!

まず紹介するのは
アタックディフェンス!
アタックしたらディフェンス、ディフェンスしたらアタックこの繰り返しというシンプルさ
敵がスマッシュや遠距離攻撃をもってないなら
ディフェンスは準備中に後ろに下がりながら準備もできるので
安定感や戦闘になれるときにとてもいい戦い方かなぁと思います
ただ、マビノギではディフェンスしても敵の攻撃力が強くて
大ダメージを食らってしまうこともあります
そんな敵を相手にするときにはオススメできません

そういう敵を相手にする場合は
IBorLBカウンターで戦うといいでしょう
敵がHSをもっている場合にも有効な戦い方です
マビノギではこの戦い方が一番の基本戦術なのかもしれません
ほとんどの敵がのけぞるとアタックしてくるという原理を利用した戦い方です

やり方としては
アタックもしくはスマッシュで攻撃後
IBを敵に打ちます
そうすると敵はアタックしてくるので
そこにカウンターを合わせるという具合です
カウンター後は再びIBをうってアタックを誘発すると
ダメージを受けることなく敵を倒すことが可能なのです!

また、マビノギでは1対1で戦うのが基本なのですが
ダンジョンではなかなかそれができない時もあります
そんなときは
まず敵に見つからない場所を探しましょう
大抵4隅のどこかは敵に見つからない場所になっています
その場所を見つけたなら
IBを二回貯めましょう
マビノギの敵は反応→行動とする場合が多く
反応してもなかなか攻撃してこない時があります
IBを一度打つだけでは反応だけしてくれるだけなので
アタックをしてくれるように2度打ちましょう
あとはその安全地帯でIBカウンターをするだけ!
一体一体落ち着いて倒していきましょう!

 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。